2009年11月22日

目の病気予防に「ルテイン」が注目

自分の瞳を大切にしていますか?

目の疲れやだるさなどの老化の原因は日々の暮らしの習慣の中にあるかもしせません。

目の病気は中高年からだんだん多くなっていきます・・・気になる目の病気って?>>


目の健康を普段の生活から心がけいつまで自分の瞳で生活しましょう。


<目の病気予防>

目の病気のリスクは普段の生活習慣で変わってきます。大切なことは栄養バランスを整えることと、紫外線などの強い光から目を守ることです。


対策その1

・紫外線対策をしっかりやろう・・・紫外線は上からだけでは無く下からも地面からも降り注いでいます。サングラスや帽子、日傘などを使用して夏だけでは無く、1年中降り注いでいることを意識して目を守りましょう。

紫外線だけではなく、人工の光に多く含まれています青い光(蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム等)も目に負担をかけています。長い時間画面を見続けるのは避けましょう。


対策その2

・「ルテイン」を取り入れよう・・・「ルテイン」とは主に緑黄色野菜(ほうれん草やブロッコリー等)に含まれる強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

この「ルテイン」の凄いところは、光そのものを遮る役割があるのです。又、青い光を吸収するという性質も持っているので「目」にいい食べ物として注目されているのです。

ルテインが不足すると水晶体においては「白内障」、黄斑部においては「加齢黄斑変性症(AMD)」といったリスクにつながることが実証されているそうです。

「白内障」「加齢黄斑変性症(AMD)」を防ぐには、「ルテイン」を含め栄養バランスを取り入れた食生活がとても大切です。












  


Posted by りんりん at 15:52Comments(2)目の健康

2009年11月22日

目が疲れた時どんな対策してますか?

自分の瞳を大切にしていますか?

目の疲れやだるさなどの老化の原因は日々の暮らしの習慣の中にあるかもしせません。

目の病気は中高年からだんだん多くなっていきます・・・気になる目の病気って?>>


目の健康を普段の生活から心がけいつまで自分の瞳で生活しましょう。


<目が疲れた時の対策>

眼鏡やコンタクトレンズで目が疲れている方、きちんと視力にあっていますか?見えにくいレンズや逆に見えすぎるレンズも目に負担をかけています。

価格やかっこ良さだけで選ばず、自分の目の健康をもう一度見直しましょう。


対策その1

・処方箋をもって眼鏡やコンタクトレンズを選びましょう・・・自己判断や価格の安さで眼鏡やレンズを選ばず、次の眼鏡を購入する場合は処方箋を持参しましょう。レンズは専門的な検査がとても大切なものです。

目にあわないレンズは非常にリスクが高いので専門の眼鏡技術者がいる所で作りましょう。


対策その2

・老眼鏡はライフスタイルに合わせて使いましょう・・・老眼鏡は普通の眼鏡よりさまざまなタイプがあります。一度作った老眼鏡をずっと使い続ける方もいますが、年齢とともに近視が進む可能性が高いです。

自動車を運転する時、パソコンをよく使う時など生活にあったレンズを選ぶことがとても大切です。年配の方は近くをみる機会がとても多くなってくるので、一度生活スタイルを見直してから老眼鏡を作りましょう。







  


Posted by りんりん at 15:16Comments(0)目の健康

2009年11月22日

目のうるおい対策していますか?

自分の瞳を大切にしていますか?

目の疲れやだるさなどの老化の原因は日々の暮らしの習慣の中にあるかもしせません。

目の病気は中高年からだんだん多くなっていきます・・・気になる目の病気って?>>


目の健康を普段の生活から心がけいつまで自分の瞳で生活しましょう。


<目のうるおい対策>


若い方も「ドライアイ」で悩んでいる人がとても多いです。コンタクトの普及や、アイメイクのし過ぎなどで目は悲鳴をあげています。

「ドライアイ」・・・「角膜乾燥症」とも言い、目が乾燥して水分が欠乏する病気です。「ドライアイ」は、目を酷使する現代人にとってとても多い病気です。


目をうるおわせている「涙」は酸素や栄養を目に送り込み、ほこりや雑菌を洗い流す役割があります。「涙」の働きが機能しないと「ドライアイ」になってしまうので、正常を保ち目の乾燥を防ぎましょう。

ドライアイの治療には「人口涙液」の目薬が用いられます。薬局等を購入する場合は、防腐剤無添加のものを選ぶのがいいでしょう。

例:ロートCキューブ モイスチャージi>>


対策その1

・コンタクトをしている方はときどきお休みの日を作りましょう・・・コンタクトは「涙」を分泌する作用が鈍るため、涙の量が減ってしまいます。又、レンズには吸湿性があるので乾燥を進めてしまいます。

対策その2

・エアコンを直接当たらないようにする・・・エアコンは空気を乾燥させるのでもちろん目にもよくないです。加湿器などを使用して湿度50%を心がけましょう。

対策その3

目を洗い過ぎない・・・花粉症の時やプールに入る人は目の洗いすぎに気をつけましょう。洗いすぎは目の浄化作用を妨げることになるので注意しましょう。

対策その4

パソコンを使う人は画面は目線より下に・・・パソコンの画面が目線より上にあると、目をより大きく開くため涙が蒸発しやすいです。イスなどで高さを調節しましょう。※パソコンの画面に光が入り込むと目に負担がかかります。置く位置にも注意しましょう。

対策その5

冷やすより温めましょう・・・目を冷やすと気持ちがいいので冷やす人もいますが温めるのが正解です。「涙」には油分と水分が含まれ「マイボーム線」というところから油分が分泌されます。この油分は水分の蒸発を防いでくれ目を乾燥から助けてくれます。蒸しタオルなどで「マイボーム線」を温めることで油分の分泌が促される訳です。

電子レンジで温めて使うアイピロー>>





  


Posted by りんりん at 14:57Comments(0)目の健康

2009年11月21日

気になる目の病気って?

目の健康に気を使っていますか?

目は、私達の情報の90%以上目から得ていると言われているほど大切のものです。最近では、テレビゲーム、パソコン、携帯電話の普及で目を酷使している生活環境の中にいます。

今は目の疲れや不快感が無いと思っていても、必ずダメージとして目に表れます。

もう一度日常の生活習慣を見直して、将来のためにも今から出来ることを始めてみましょう。


  ■□■気になる目の病気って■□■

中高年から多くなると言われている、気になる目の病気があります。老眼かな?って思っていても隠れている目の病気があるので注意して下さい。気になる症状がある場合は、必ず眼科医を受診しましょう。症状が無い方でも、40歳になったら一度目の検診をすることをおすすめします。


<白内障>

白内障は老化とともに誰にでも起こりえる目の病気です。目の水晶体が濁るため目がかすんだり、視力が落ちたりまぶしく感じるなどの症状が表れます。

多くの場合は加齢が原因ですが、食事のバランスや紫外線から目を守ることで進行を遅らせると言われています。


<緑内障>

40歳以上の方の約20人に1人が発症されるといわれている目の病気です。目の視神経が障害を受けてしまい視野が欠けるなどの症状が表れます。

緑内障は、進行が進むと失明の危険性がありますので、文章の一部が見ずらくなるなどの自覚症状を感じたら、すぐ眼科医の受診を受けてください。早期発見がとても大切です。


<加齢黄斑変性/AMD>

網膜の中心部分の「黄斑部」に障害が起こる、高齢者の失明原因になる目の病気です。症状としては、視力の低下、視野の中心部分が見ずらい、ゆがむなどが挙げられます。

加齢や喫煙、光の刺激なども発症の原因ともされているので、普段の健康習慣を整え予防するのが大切です。


 ●目を守る大切な健康習慣

 ・目のうるおい対策・・・目が乾いていませんか?

 ・目が疲れた時の対策・・・眼鏡やコンタクトのレンズ合っていますか?

 ・目の病気予防・・・生活習慣を見直してみましょう。






  


Posted by りんりん at 11:51Comments(1)目の健康