2009年12月02日

眠ることで脳のリズムを大切にしましょう

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 眠 る 】


脳の健康には規則正しい睡眠のリズムがとても大切です。

睡眠のリズムが崩れると、体にいろいろな不調をきたします。

そして睡眠の目的は、心身の休息記憶の再構成など高次脳機能にも深く関係があるとされています。

眠りにつく時間がどうしてもバラバラになりがちな方は、朝起きる時間だけでも一定にしてみましょう。特に朝の太陽の光には脳内の時計の調整をする働きがあるので、体のリズムを整えてくれます。


普段の生活の中で脳を健康にする方法!他>>

  


Posted by りんりん at 10:10Comments(3)健康脳

2009年11月30日

アロマテラピーで脳をリラックス

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 嗅 ぐ 】

香りなどは特に好きな匂いは脳を直接作用し、心身の安定に効果的とされています。

シャンプーやリンス、香水なども自分の好きな香りを選びますね。

香りによっては「ストレスを和らげる」、「リフレッシュできる」、「集中力が高まる」などいろいろな効果があるのです。

家でゆっくり香りを楽しみたい場合はアロマテラピーなどがおすすめです。

「アロマキャンドル」やエッセンシャルオイルをアロマポットでたいたり、水で薄めてスプレーで振りかけたり・・・

効果別アロマキャンドルの種類>>


お好みの楽しめる方法がたくさんあります。

自分の大好きな香りをたいて、脳と心身の安定に利用してみましょう。


普段の生活の中で脳を健康にする方法!他>>






  


Posted by りんりん at 18:33Comments(0)健康脳

2009年11月30日

書くことで相手に気持ちを伝える「健康脳」

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 書 く 】

「書く」という事は人だけが出来る行為の一つです。

感情や個性が文章に表れますので、脳の活性化には優れた作業でもあります。

その大切な機能を退化させないために、パソコンや携帯で字を打つことだけせず、手紙書道俳句短歌などに挑戦してみましょう。

年賀状を今年は手書きで書く。ペン字を習ってみる。など・・・・楽しく出来る「手書き」を習慣にさせて、健康な脳を持続させましょう。

普段の生活の中で脳を健康にする方法!他>>




  


Posted by りんりん at 18:14Comments(0)健康脳

2009年11月27日

楽しむことは脳の老化予防につながります

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 楽しむ 】


人とのコミュニケーションは、言葉を使って話す他、相手の態度や言動に気をつけたりもするので、非常に脳に刺激を与える行為です。

また仲間と趣味や地域の団らんの場で、共に喜びや楽しさを分かちあうのも脳の健康にはとても良いことです。

又、旅行先などで美しいものや感動するものなどを見る行為なども、脳にとっては記憶に残そうと働きかけます。

「楽しむ」という行動は、生活の中にもたくさんありますが、積極的に外に出て人と交流しながら得る事がとても多いものです。

新しい習い事スポーツを始めるのも良いですし、旅行などもおすすめします。

ペットを飼っていてなかなか泊まりに行けない方などは、最近ではペットと泊まれる宿も数が多くなっていますし、日帰りツアーなども充実しています。

充実した毎日を過ごし、脳の老化予防につなげましょう。

ペットと泊まれる宿>>

日帰りツアー>>









  


Posted by りんりん at 12:47Comments(0)健康脳

2009年11月26日

料理は脳の栄養です

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 食べる 】

栄養バランスの良い食事をすることは、高血圧・動脈硬化などの生活習慣病だけでなく、認知症予防にも効果的なので脳の健康には最適です。

脳のエネルギー源となるたんぱく質や脂質が不足しないようにすることも大切です。

そして、若い脳を保つための食事のポイントは「減塩」「コレステロール」「抗酸化」です。

塩分やコレステロールを取りすぎると血管を老化させ、動脈硬化脳梗塞を促してしまいます。

また、活性酸素によって体の新陳代謝が妨げられるので老化に繋がります。

「認知症」を気にしている方は青魚に含まれる不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)エイコサペンタエン酸(EPA)緑黄色野菜を摂取するようにしましょう。

ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)って?>>

女性の方は緑黄色野菜の摂取量も非常に低いという統計があるので、なるべく1日2回は食べるように心がけましょう。



他にも肉に含まれる「アラキドン酸」も脳の老化予防に効果的です。

栄養バランスのよい食事が脳を健康にするので、食生活をもう一度見直してみましょう。

老夫婦や仕事が忙しい方などは夕食の宅配サービスなどもおすすめします。栄養バランスが良く低価格なので最近人気です。




  


Posted by りんりん at 12:15Comments(0)健康脳

2009年11月24日

料理作りで脳をトレーニング

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 作 る 】

「料理」
は材料から買いそろえ、下準備からいくつもの段取りを踏まえ、料理器具や火を扱いながら常に手順を考えるという作業。「料理」は手も頭も目も下も使う上、運動も兼ね備えていて脳の活性化に優れた行為なのです。

栄養バランスや彩なども考えて工夫した食事を食べてくれた人が「美味しい」と評価されることも、脳にとっては広い範囲で刺激を受け、ますます活性化されます。

世の旦那様方には、何十年食べている味だとは思いますが、作ってくれた方への感謝として「美味しい」という言葉を口に出してあげてください。

「料理」は毎日のこととなると苦痛に感じる方もいらっしゃいます。しかし、脳の活性化には優れた効果があるので楽しみながら取り組める工夫が大切ですね。







普段の生活の中で脳を健康にする方法!他>>
  


Posted by りんりん at 11:52Comments(0)健康脳

2009年11月24日

簡単な運動で脳の健康対策

暮らしの中で楽しく健康に脳を鍛えましょう

脳の機能が筋肉と同じように、使わないと衰えていきます。

脳の健康は、全身の病気予防から始まると言われています。

脳が健康になる生活の中の行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。


【 動 く 】

手足の運動や全身運動は、脳の活性化に良いといわれています。
無理なく続けられる事、自分の体力にあった事が、運動を選ぶポイントです。

足腰が弱っている方は「グーパー運動」だけでも構いません。手の甲を上にして、グーとパーを繰り返す動作を行います。慣れれば1分ほど続けられるようにしましょう。

少し動ける方は「スキップ運動」をしましょう。「右・右・左・左」の片足とびスキップは脳を活性化させます。

「自転車を」こげる方はそちらをおすすめします。「自転車」は全身運動でもありますし、回りの情報をすばやく認知する状況判断も兼ね備え、脳の健康にはとてもよいです。

まずは、自分がストレスを感じず続けられる運動から始めのが大切です。


普段の生活の中で脳を健康にする方法!他>>








  


Posted by りんりん at 11:23Comments(0)健康脳

2009年11月24日

認知症と物忘れの違い

「認知症」は、物を忘れる病気と考えがちですが、同じ意味合いをもつ「物忘れ」とは別の病気です。


「物忘れ」って?

物忘れとは、人の名前やしまった物の場所を忘れてしまうなど、加齢によって記憶を取り出す脳の機能が衰えてきてしまうことをいいます。「物忘れ」の場合は、後から記憶がよみがえることが多々あります。


一方「認知症」の場合は、記憶そのものを失っている他、初期の場合は短気だった人がいっそう怒りやすくなり、あるいは倹約家だった人が極端に浪費するなど、性格面にも特徴が表れます。


<「認知症」は早期発見が大切>

「認知症」は、今だ原因が解明されていない「アルツハイマー型認知症」と、生活習慣が原因といわれる「脳血管性認知症」のタイプにわけられます。

いずれの症状も病状が進行すると治療が困難とされています。

早期発見によって治療することで、進行をだいぶ遅らせることが可能です。

認知症の原因となる疾患や病態の多くは、生活習慣を見直すことで予防が出来ます。

・普段の生活の中で脳を健康にする方法>>

認知症になってしまってからでは遅いのです。身近な行動から脳を健康にしてみましょう。


  


Posted by りんりん at 10:57Comments(0)健康脳

2009年11月24日

健康脳になるトレーニング

脳は老化しない。と言われています・・・

物忘れや歳のせい・・・集中力も行動力もなくなる・・・

それは脳の老化のせいではなく、脳の機能は筋肉と同じで使わないと衰えていくのです。

健康的な生活を続けていれば、常に脳は経験をつむことで何歳になっても進化していきます。

そのためにも大切なのは全身を健康に保つことなんです。特に高血圧糖尿病は、脳に関わる病気のリスクが高いので気をつけましょう。


高血圧、糖尿病・・・脳梗塞脳出血認知症の病気のリスク


「認知症」と「物忘れ」の違い>>


病気のリスクを低くするためには、まずは喫煙飲酒ストレス塩分やコレステロールの取りすぎを気をつけましょう。


アミノ酸たっぷり・塩分極少「黒きび酢」



<普段の生活の中で脳を健康にする方法>

言葉を話す、指先を使う、食べるなどの日常の動作は脳の健康にとても影響されます。年齢とともに体を動かすことが少なくなってくると、脳も刺激を受けず衰えてきます。認知症予防のためにも、脳が喜ぶ行動を積極的に行い、脳を活性化させましょう。

動く・・・脳の健康作りには欠かせないのは運動です。

作る・・・料理はいくつもの段取りを踏む行為。前頭葉がフル回転します。

食べる・・・栄養バランスを考え脳のエネルギー源を摂取しましょう。

楽しむ・・・人とのコミュニケーションは楽しいですが、非常に頭を使う行為です。

書く・・・手で文字を書くことは感情や個性の表現で、脳も活性化されます。

嗅ぐ・・・香りは直接脳に作用し、心身の安定に効果があります。

眠る・・・脳の健康には規則正しい睡眠が不可欠です。






  


Posted by りんりん at 10:32Comments(2)健康脳