2009年12月09日

お酒を飲む前と後に効果的な食べ物って?

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」から参照・・・

「健康な胃」と「もたれる胃」の違いは胃のぜんどう運動が関係しています。

「胃がもたれると感じる方」「胃薬が手放せない方」「アルコールや脂ものが大好きな方」は、まずは食生活から見直してみましょう。

特にアルコールは胃壁が麻痺して胃のぜんどう運動が緩慢になり、胃粘膜の炎症へとつながる可能性があります。

お酒を飲む機会が多い方は、お酒を飲む前と後に効果的な食べ物や飲み物を上手に摂取しましょう。


<お酒を飲む前に食べるといいのは?>

乳製品です。

牛乳などに含まれる乳たんぱく質は、胃の粘液を厚くし胃を守る効果があります。
牛乳ならコップ1杯程度。他にもプリン豆乳などアルコールを飲む前に摂りましょう。


<お酒を飲んだ後にいいのは?>

カフェインの入っていない飲み物です。

飲みすぎた後は胃酸が増えるので、麦茶などで胃酸を薄めましょう。
烏龍茶はカフェインが入っています。カフェインが含む飲み物は、胃酸の分泌を促進する働きがあるので避けましょう。



アルコール以外にも喫煙や食生活、加齢で胃のぜんどう運動は弱まってきます。自分の胃のぜんどう運動が強いか弱いかを自己判断するのは難しいものです。

普段から胃の健康に注意し、出来ることから初めてみましょう。

「胃がもたれたかな?」と感じたらアルコールは控え消化時間が早い食べ物などを摂取しましょう。


「胃もたれ」がある時の効果的な調理法>>

消化時間が早い食べ物

・半熟卵
・麦飯(米より早いです)
・うどん
・パン etc


  


Posted by りんりん at 16:33Comments(27)胃の健康

2009年12月09日

「胃もたれ」がある時の効果的な調理法

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」から参照・・・

「健康な胃」と「もたれる胃」の違いは胃のぜんどう運動が関係しています。

「胃がもたれると感じる方」「胃薬が手放せない方」「アルコールや脂ものが大好きな方」は、まずは食生活から見直してみましょう。

特にアルコールは胃壁が麻痺して胃のぜんどう運動が緩慢になり、胃粘膜の炎症へとつながる可能性があります。

調理法や食事の選び方を工夫すれば、だいぶ胃への負担が軽くなりますので参考にしてみて下さい。


<胃がもたれると感じる方への調理法>

例、生魚の場合・・・

●良い・・・「煮る」、「蒸す」、「生(刺身)」

水分を多く含む調理法なので、胃液でたんぱく質をスムーズに分解してくれます。

●悪い・・・「焼く」、「揚げる」、「炒める」

火を通すことで組織が変化して食品そのものが硬くなり、消化に時間がかかるため胃に負担がかかります。


焼き魚や揚げ物を食べる時の工夫

焼き魚+大根おろし(消化を助ける「ジアスターゼ」が大根おろしには含まれています)

揚げ物+千切りキャベツ(キャベツに含まれるビタミンU(塩化メチルメチオニンスルホニウム)は、胃の粘膜を修復し、胃潰瘍などの予防効果もあります)


メチルメチオニンスルホニウム配合>>


お酒を飲む前と後に効果的な食べ物って?>>


   


Posted by りんりん at 16:04Comments(0)胃の健康

2009年12月09日

「健康な胃」と「もたれる胃」の違い

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」から参照・・・

「健康な胃」「もたれる胃」の違いは、胃のぜんどう運動の異常が関係しているといわれています。

食後何分でぜんどう運動が始まるか?
ぜんどう運動の強さと回数

上記の2点で「健康な胃」と「もたれる胃」の違いが判ってきます。

「健康な胃」の方は平均で食後2分でぜんどう運動が始まり、1分間に3回胃の収縮がおこります。


※「もたれる胃」の人の場合、収縮反応が鈍く弱いとされています。


なぜ、胃のぜんどう運動が鈍くなるのだろうか?

悪化させる要因とは?

●ストレス
●食生活(脂もの、アルコールの過剰摂取)
●喫煙
●加齢(60才以上)


特に年末にかけては、アルコールの過剰摂取は「胃がもたれる」方は注意が必要です。又長年のアルコーツの多量摂取をしていた方でも、急に和食中心の食生活に変えてもすぐには健康な胃に戻りません。

日ごろから食生活には特に注意を心がけましょう。「胃下垂」の方も胃もたれしやすい方が多いです。「胃下垂」の方は1回に摂る食事を少量に分けて食べるのが効果的です。

また「ムリなダイエット」も胃が収縮してしまい、正常に働かなくなるので注意が必要です。


「胃もたれ」がある時の効果的な調理法>>

お酒を飲む前と後に効果的な食べ物って?>>



  


Posted by りんりん at 15:34Comments(3)胃の健康