2009年12月09日

「胃もたれ」がある時の効果的な調理法

「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」から参照・・・

「健康な胃」と「もたれる胃」の違いは胃のぜんどう運動が関係しています。

「胃がもたれると感じる方」「胃薬が手放せない方」「アルコールや脂ものが大好きな方」は、まずは食生活から見直してみましょう。

特にアルコールは胃壁が麻痺して胃のぜんどう運動が緩慢になり、胃粘膜の炎症へとつながる可能性があります。

調理法や食事の選び方を工夫すれば、だいぶ胃への負担が軽くなりますので参考にしてみて下さい。


<胃がもたれると感じる方への調理法>

例、生魚の場合・・・

●良い・・・「煮る」、「蒸す」、「生(刺身)」

水分を多く含む調理法なので、胃液でたんぱく質をスムーズに分解してくれます。

●悪い・・・「焼く」、「揚げる」、「炒める」

火を通すことで組織が変化して食品そのものが硬くなり、消化に時間がかかるため胃に負担がかかります。


焼き魚や揚げ物を食べる時の工夫

焼き魚+大根おろし(消化を助ける「ジアスターゼ」が大根おろしには含まれています)

揚げ物+千切りキャベツ(キャベツに含まれるビタミンU(塩化メチルメチオニンスルホニウム)は、胃の粘膜を修復し、胃潰瘍などの予防効果もあります)


メチルメチオニンスルホニウム配合>>


お酒を飲む前と後に効果的な食べ物って?>>


 

スポンサード リンク


同じカテゴリー(胃の健康)の記事
 お酒を飲む前と後に効果的な食べ物って? (2009-12-09 16:33)
 「健康な胃」と「もたれる胃」の違い (2009-12-09 15:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。